必見!資金繰りお役立ちガイド

TOP > 資金繰りについて > 資金繰りという言葉を聞いてどのような印象を受けるのでしょうか

資金繰りという言葉を聞いてどのような印象を受けるのでしょうか

皆さんは資金繰りという言葉を聞いてどのような印象を受けるのでしょうか。
どちらかというとマイナスイメージではないでしょうか。
例えば借金返済が苦しいとか、車のローンが支払えなくなったとかいう場合に資金繰りを考えるのではないでしょうか。
そうではありません。
資金繰りとは健全な経営をしている会社にとっても大切な資金計画なんです。
苦しい時にそれをやることもありますし、逆に利益が上がっている場合でも資金繰りは大切なのです。
なぜならば資金繰りというのは単なる資金計画に過ぎないからです。
つまり資金繰りとは会社が調子が良い時にも行わなければならない、会社の定例業務ということになります。
会社の経営や運営がうまく行くのも行かないのも、この資金繰りにかかっていると申し上げて過言ではありません。


資金繰りという言葉はマイナスイメージですが、それは異なった解釈です。
資金繰りはピンチの時にそれを乗り切ろうとして行う手段ではありません。
会社が成長に向かって邁進しているような時でも資金繰り計画は必要なのです。
資金繰りの計画がないと会社はそれから前に進むことができません。
今どんどん成長しているような会社では会社の内部できちんとした資金計画ができています。
それらは資金繰りと申し上げて差し支えありません。
ピンチの時でなくて会社が儲けているような時でも、やらなければならないのが資金繰り計画なのです。
家庭で使われる資金繰りはどうでしょうか。
こちらは圧倒的にマイナスイメージの場合が多いです。
今月はお金を使い過ぎて金融業者からお金の融資を受けないと家族の生活を支えることができない、と言った時に使われるのが家庭の資金繰りです。


つまり資金繰りとはお金を工夫してやりくりする事なのです。
会社の資金繰りでは諸経費や人件費の計算が大切です。
それから大切なのは借入金の返済計画などがとても大切です。
会社の事業に関連するお金の動きを全てつかんでから、資金繰りをしなければなりません。
それで今後の会社の発展は成功までの道半ばといったところです。
資金繰りとは、つまり会社におけるお金のやりくりのことを意味するのです。
会社の資金繰りを考える上で大切な要素はあります。
それは実績と予測です。
会社の実績とは過去に記録した実際のお金の動きのことです。
予測とは会社における将来のお金の流れを予測しておく行為に他なりません。
この予測が確かでないと会社の健全な運営はできないのです。
会社経営における実績と予測とは例えていえば車の両輪にあたります。
どちらが不備でも、それから先へ進む事ができません。

カテゴリー