必見!資金繰りお役立ちガイド

TOP > 資金繰りについて > 資金繰りで事業を開始するために必要な資金を融資してもらう

資金繰りで事業を開始するために必要な資金を融資してもらう

資金繰りには何だか暗いイメージがつきまといます。
企業が資金繰りで苦労しているというような記事が掲載されることが多いからです。
それでは企業が資金繰りをするのは悪いことなのでしょうか。
そうではありません。
企業が資金繰りをするということは企業を運営するために絶対に必要な事なのです。
そもそも企業の資金繰りとは何でしょうか。
その定義を明確にしてみましょう。
企業が事業を運営展開していく上で必要なのが大量の資金です。
それらの大量の資金を企業は調達しなければなりません。
調達先は日本では銀行が一番多いです。
企業がその事業を速やかに運営するために必要な資金を銀行などから調達する行為のことを日本では資金繰りと称しているのです。
ですからこの場合の資金繰りは決してやましいものでありません。


それどころか企業の資金繰りは、企業が健全な事業を運営するためには必要不可欠な条件となっているのです。
その事業が順調に運営されているような企業でも定期的な資金繰りは絶対に必要です。
それはどういったことなのでしょうか。
例えばそこで働いている社員に給料やボーナスを支払わなければなりません。
その際には大変な金額が必要となります。
大企業といえどもそれだけの大金を保持しているわけではありません。
必要な資金を銀行などから融資を受けてそれで 社員に給料やボーナスが支払われるという仕組みなんです。
ですから企業が資金繰りをできなくなったということは、その企業の信用がなくなったということに等しいのです。
事業に失敗したような企業ではもはや銀行はお金の融資をしてくれません。
このような場合にはその企業は倒産するしかありません。


今日本ではアベノミクスの影響でしょうか新しい事業を立ち上げる人たちが続々誕生してきています。
これらの事業を開始したばかりの経営者達にとって頭の痛い問題が資金繰りです。
こちらの資金繰りとは事業を開始するために必要な資金を融資してもらうという行為に他なりません。
大企業では簡単に銀行から融資を受けることができます。
これらの新進企業ではどうでしょうか。
その企業はまだ信用というものが全くありません。
銀行も融資はしてくれますが最初の融資は小額にとどまるでしょう。
まだ信用のない企業に銀行がお金を貸してくれるのには理由があります。
アベノミクスにはある方針があります。
お金をできるだけ使って、それでたくさんのお金を稼ぎなさいという方針だからです。
こんなわけで今は銀行から融資を受けるのが比較的簡単な時代となっています。

カテゴリー