必見!資金繰りお役立ちガイド

TOP > 資金繰りについて > 企業の資金繰りで難しいのが運転資金の計算

企業の資金繰りで難しいのが運転資金の計算

企業の資金繰りで難しいのが運転資金の計算ではないでしょうか。
しかしながら企業が事業をする上でどのくらいの運転資金が必要なのかは常に把握しておかなければなりません。
その計算式は慣れれば簡単なのですが、初めて事業に乗り出すような人たちにとっては、かなり難解な公式となっています。
いったいどのような公式を使って計算するのでしょうか。
まず経常運転資金というのがあります。
経常運転資金は売掛金と棚卸資産の合計金額から買掛金の金額を引いたものです。
この計算はかなり難しいので、大学の商業科を出たような人でないとすぐにこの公式が理解できるということはありません。
ですがこの公式の大まかな意味を掴んでいくということは大変に重要なことです。
まず売掛金とは何でしょうか。
売掛金とは販売できているのにまだその代金が回収できていない金額の事を言います。


次に棚卸資産とは何でしょうか。
棚卸資産とは資産を持っているのにまだそれが売れていないで資産として持っている物の金額です。
最後に売掛金ですが、 売掛金は商品が売れているのにまだ現金収入に結びついていない金額のことを言います。
それはカードなどで支払いを済ませる人たちが多いからです。
売掛金回収とか買掛金支払いのタイミングは取引先によって大幅に違ってきます。
ですから常に手持ちの運転資金が必要となるのがあたりまえのことになっています。
逆に申し上げますと手持ちの 運転資金がないと、片時も 事業を展開することができないということになります。
やはりこれらのビジネスをスムーズに行うためには現金が必要だということの証です。
その時に不足する現金を補ってくれるのが銀行の役目です。
そのため銀行とは真摯なお付き合いが必要だということです。


企業が事業を展開するために常に必要となる運転資金の計算をしておくことが重要となります。
事業の展開に必要となる運転資金は経常運転資金などと称されています。
経常運転資金の計算は前述したようにかなり難しいので、 会計専門の担当者を雇って 事務処理をさせるところも多いです。
この種の事務処理は毎日やるわけではありませんから、公認会計士などと契約して、月に1度くらいのペースでお金の計算をしてもらうことも可能です。
どちらが割安となるかと言えば公認会計士を雇うほうに軍配が上がります。
しかしながら日本の風習としてはやはり会社は専用の社員を雇って その事務処理をやらせたいという傾向があります。
どちらの方式を選ぶにしても、 大切なことは企業が事業を展開するためには常に必要となる運転資金の計算をしておくということです。
それができていないと企業では、事業をまっすぐに進ませることができません。

カテゴリー