必見!資金繰りお役立ちガイド

TOP > 資金繰りについて > 企業の資金繰りでも信用が第一ということなのです

企業の資金繰りでも信用が第一ということなのです

私たちが日常生活で資金繰りが悪くなったというような表現をする場合には、それにはネガティブな響きがあります。
例えば遊びすぎて月末に生活資金が底をついた時などによく利用される表現です。
このような時には家庭内の資金繰りをしなければなりません。
家庭内の資金繰りといってもその方法は限られています。
一番多いのは消費者金融などで必要な資金を調達するという方法です。
この場合銀行でもお金を貸してくれますが銀行の場合には融資のときに審査がありますので時間がかかります。
その点消費者金融の融資は迅速です。
しかしながら消費者金融を使うと一つだけ欠点があります。
お金を借りている期間に対する利息がかなり高いということです。
これに対して企業が資金繰りをするというのは、 私たちが日常生活で使用している資金繰りとは意味合いが違います。


企業がよく使う資金繰りとは、企業がその事業を運営するために必要な資金を定期的に調達する行為のことを言います。
こちらも一番多いのは銀行からの融資です。
大企業は銀行と繋がっていますので、 資金繰りで大企業が銀行から資金を融資してもらうことは簡単です。
なぜなのでしょうか。
それは審査がないからです。
大企業と銀行は提携して発展しているような組織ですからそれは当たり前のことです。
日本では特定の企業には特定の銀行がバックとしてついているのが当たり前となっています。
ところが中小企業ではどうでしょうか。
中小企業には信用というものがありません。
お金を借りる時にどうしても担保が必要となります。
担保の種類としては土地などの不動産があります。
さらに手持ちの在庫などの資産も担保として使うことができます。


企業が資金繰りをするという行為は我々が思っているようなやましい行為ではありません。
それどころか企業は資金繰りをするということは、企業が事業を運営する上において絶対に必要な行為であるということができます。
企業は定期的に資金繰りをするということは、例えば年末のボーナスを支給する際にも必要となります。
夏のボーナスや年末のボーナスを支給する際には大企業といえども、まとまった大量の資金が必要となります。
それらの資金を調達させてくれるのが銀行です。
銀行と大企業とはある面で直結していますから、大企業ではすぐに大量の資金を融資してもらうことができます。
それはなぜなのでしょうか。
大企業は稼いだお金ですぐに融資してもらったお金の返済ができるからに他にありません。
企業の資金繰りでも信用が第一ということなのです。

カテゴリー