必見!資金繰りお役立ちガイド

TOP > 資金繰りについて > 企業における資金繰りにとはいったいなんでしょう

企業における資金繰りにとはいったいなんでしょう

今日は企業における資金繰りに関する記事を書きます。
まず企業が創業する場合なんですがそのような場合には公的資金を利用するのが一番賢い方法です。
それには理由があります。
会社を創設する時にはまとまった資金が必要となります。
設備投資などに相当なお金がかかるからです。
そういった場合に利用できるのが日本政策金融公庫からの借入金です。
日本政策金融公庫から創業資金を借り入れることのメリットはとても大きいです。
まず第一に返済するにしても金利がとても安いということがあります。
さらにプロジェクトによっては返済の義務のない特別融資が受けられることがあるからです。
地域が真に求めているようなプロジェクトを創業するのであれば、そういった返済義務のない融資を受けられる可能性が高まります。


通常は銀行からの融資で資金繰りをやります。
資金繰りとは企業が事業を展開する場合に必要な資金の調達することです。
銀行からその種の融資を受ける時には厳しい審査があります。
周到な計画と事前のフィージビリティが欠かせません。
さらに大手銀行などでは資金を融資する際に不動産などの担保を求めてくる場合もあります。
特に中小企業などが起業する場合にはそのケースが多いのです。
不動産などの担保を所有しているとどう違うのでしょうか。
不動産などの担保があると銀行融資の審査を通過する可能性が格段に高くなるということなのです。
さらに良いことには貸付金利も優遇される場合があります。
特に中小企業の場合では、それが可能であれば、不動産などを担保にしてから、大手銀行から資金の調達をするのが良い方法です。


不動産の担保物件があれば、より高額な資金の融資が受けられます。
不動産などの担保物件があることで返済期間についても長期間返済が可能となります。
どんな事業でも最初に事業を開始しようとすれば、その時にまとまった資金が必要となります。
まとまった高額の資金を銀行から融資してもらうためには不動産などの担保が必要となることが多いです。
それは一体なぜなのでしょうか。
銀行もある程度それは商売なのです。
お金を企業に貸すということは、それで利益を得なければならないということに通じるからです。
そういう意味では、市中銀行も消費者金融も似たような性格を持っているということができます。
中小企業であれば不動産という担保を提示して、大手銀行から有利な条件で融資を受けることが一番良い方法です。
担保物権としては例えば商品在庫などの動産も担保物権となります。

カテゴリー